本日は、僕の所属しているITCみやぎの研究会で勉強会を行いました。

ブレスターというブレインストーミングを行うカードゲームと、智慧カードというTRIZの発明原理を元に作ったカードを使って、皆でアイディアを出し合い、経営課題を解決してみようという試みです。

初めてだったのと、2時間しか時間が無かったということもあり、最終的な課題解決には至っていませんが、アイディアを出し合うということに関しては非常に良い経験でした。思いの外、色々なアイディアが出されたので、それをまとめて、次の研究会に繋げていきたいと思っています。また、このブログでも、そこで得られた方法論や問題点などを色々と書いていくつもりです。

ちなみに今日のテーマとしたのは、「青森県のお風呂屋さんの生き残り」です。
昨今の原油高やスーパー銭湯などの競合により、青森県の銭湯の経営が非常に厳しい状態になっているそうです。
今回は、その問題について、様々なアイディアを出し合ってみました。

もしよろしければ、「こんな経営課題がありますよ」ということについて、ご連絡ください。