かなり前から出版不況ということが言われています。

私の知り合いの出版関係者からも、出版業界の景気は最悪と聞いているのですが、そんな中で、「分冊百科」が売れているようです。

分冊百科というのは、TVのCMで有名なデアゴスティーニが出している「週間○○」のような、毎週、毎月といった単位で一つのテーマに沿って刊行される出版物のことです。

確かに、毎週テーマに沿って出版され、更に専用バインダーにファイリングしていく作業というのは、結構、楽しいものがあります。ちなみにうちの子も、一時期、買っていた時期がありました。
コレクター魂もくすぐりそうですしね。

コレクター魂と言えば、ずーっと以前、出したアイディアで「24色ビール」というのがあります。
これは、缶ビールの缶の色を24色にして売り出すと言うものです。
メリットとしては、

  • 何となく、コレクター魂をくすぐる
  • たくさんの色を並べることにより、ライバル製品を棚から締め出す

などの効果を考えたのですが、そのままお蔵入りになっています。
無料でこのアイディアを使ってもいいので、どこかの会社でやってくれませんかね(笑)。
報酬はビール一ダースということで(笑)。