TRIZを経営戦略の策定にうまく活用することができないかと、色々考えています。

TRIZといえば、個人的には何となく「矛盾マトリックス」を使う印象が強くて、そう考えると戦略というよりは、個別の戦術を練るときに非常に便利に使えるような気がしています。

しかし、TRIZには色々な手法が用意されていて、その中の一つに技術進化のトレンドというものがあります。これは、世の中の技術がどう進化していくかということについて分析したもので、戦略の策定にはこちらの方が向いているのかなと思ったりしてます。戦略の策定では、方向性を間違わないことが重要で、それがある程度パターン化できるのであれば、ビジネスに非常に有効ではないかと…。

TRIZの良いところは、単純にゴールを提供しているのではなく、そこに至るための道筋を定型化しているところですね。それによって、様々な問題に適用することができます。

うまく、考えをまとめて、今後のコンサルティングに活かして行きたいと思います。