今年は、3人の日本人がノーベル物理学賞を受賞しましたね。おめでとうございます。

受賞者の一人である、南部陽一郎氏の書いた本を初めて読んだのは確か、中学か高校のときで、ブルーバックスの「クォーク」という本でした(今でも持ってます)。
凄く面白くて、印象的な本でした。でも、私は物理の道は志しませんでしたが(笑)。

理系離れが何かと話題になりますが、これに刺激を受けて、日本の若い人たちがもっと基礎研究の道に進んでくれればと思います。