オープンソースのオフィススイートである OpenOffice.org 3.0 が公開されました。
アクセスが集中しているらしくて、ホームページがうまく開きませんが。

オフィス製品といえば、マイクロソフトの MS Office が定番ですが、ライセンス料の問題などから、OpenOffice.orgに注目している企業や自治体もあるようです。
普段使う程度のことであれば、OpenOfficeでもそんなに問題ありませんしね。

特に、財政難の地方自治体などでは、今後、導入が広がってくるかもしれません。
東北では、福島の会津若松市などで、導入が進んでいるようです。

ソフトウェアのライセンス料も、数が多くなれば結構な金額になってきます。
賢い導入の仕方を考えていきたいものですね。