インターネットを検索していたら、櫻井よしこ氏のブログが目に留まった。

「金融危機、日本の価値で打開せよ」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2008/10/16/

詳しくは、彼女のブログを実際に読んでもらうとして、

日本が世界をリードするのは、代替エネルギー、新素材、工業における中間財を始め、きめ細やかさで知られる機械、電化製品など多岐にわたる。日本の強さに自信をもって、日本ならではのお金の流れを創生すれば、経済の潤滑油としての健全なる資本が日本に集まる。こうして、日本ならではの経済、金融モデルで、21世紀の世界を牽引するのだ。

という文章が特に心に残った。

我々、ITコーディネータが良く使うツールにバランススコアカード(BSC)というものがあります。これは元々、かつての強かった日本を研究して生まれた経営手法です。
それにより、経営がうまくいった世界中の企業がたくさんあるのに、逆に、当の日本企業がグローバル・スタンダート(という名のアメリカン・スタンダード)に翻弄されて、良いところをドンドン捨ててしまっているのはおかしいと思いませんか?

日本式の経営手法、管理手法を研究して作られたものには、他にもシックスシグマなどがあります。これはかつてのQC活動を研究して作られた手法です。

日本の企業、それも大企業ではない中堅、中小企業も、もっと自分たちの長所を活かして、元気になって頂きたいものです。そのために、すこしでもお手伝いできればと思います。