オープンソースのOSというと、Linuxが有名ですが、サーバーの世界で有名なSolarisもオープンソースになっています。
「Japanese Solaris」の意味を込めたJarisもOpen Solarisのディストリビューションです。

Project Jaris!
http://jaris.jp/index2.html

特徴として、Windowsのソフトが簡単に動作するというものがあって、MS Officeなどの動作検証もされているらしい

…ということで、早速、導入してみました。
インストールは簡単。デスクトップもCompizFusionを使っていて、VistaのAeroなんかよりずっとカッコいい。しかも、無料!

で、早速、試験的にMS Officeのインストールをしてみようとすると…
全然、動かない…。インストーラーすら起動しない。
どうもMadoris というソフト(Solaris版Wine)がうまく動いていないらしい…。
OSそのものの安定度は抜群だと思いますが、Windows環境をそのまま引き継いでとなると、まだまだ改善の余地がありそうですね。