最近は、選挙が近いせいか、自民党と民主党のニュースが毎日、新聞に載っています。ゴシップ記事みたいなのばかりなのが、ちょっと情けないところですが・・・。

何年か前、別のブログで、「トレードオフではなくブレイクスルーなのだ」という記事を書いたことがあるのですが、コンサルティング業をやっていて思うのは、お客様というのは、要求にある矛盾点に対して、トレードオフの提案を望んでいるのではなく、その矛盾を打ち破るブレイクスルーをコンサルタントに望んでいるのだということ。
それは、もちろん、コンサルタントだけに必要なわけではなく、経営者自身にも必要だろうし、冒頭に書いた政治の世界でも必要なんだろうと思います。

個人的には、政治家には理想を語って欲しいと思いますが、一方で、理想だけを語り、現実を見ないと単なる評論家で終わってしまいます。その矛盾点をどう解決するのか?ショボい政治家だと、結局は何もしないのと同じような手打ちがあるのでしょうが、その矛盾点を止揚するような凄腕の政治家っていうのは、今の日本では難しいんでしょうかね?

少なくとも、自分がコンサルティングするときには、単なるトレードオフ的提案はしないように、気をつけて行きたいと思っています。