昨日はITCみやぎの有志メンバーで構成しているTRIZ研究会の開催日でした。

その前に、とあるアイディアのブラッシュアップについて相談を受けていたので、それについてTRIZの手法を使ってみた。
IT系企業からのアイディアだと、どうしてもITを使った解決策だとか、現在の仕事の流れからのアイディアにとらわれがちだが、そこに縛られずに発想できるのが良い点ではないかと思う。

もちろん、そこで出たアイディアを更にビジネスに応用しようとすると、新たな課題・問題が出てくるものだが、それらについてもTRIZを使ってうまく解決していけるのではないかと期待している。

あたりまえのことだが、解決策を考えるには課題が明確化していなければならないのだ。

今後、ITCプロセスなどとも絡めて、どのフェーズでどのような手法を使っていったら良いかということも整理していこうと思う。