http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091119-00000423-yom-soci

大学生の就職内定率が、就職氷河期を超す落ち込みだそうです。
私が最初に就職したときも、バブル崩壊直後で、前年よりも大分、採用者数が減っていました。
私は大学院修了時に就職したのですが、その前の学部生のときにも一応、就職活動みたいなことをしていて、同じ会社を回ったので、景気によって会社側の対応は全然違うんだなぁと思ったのを覚えています。

まぁ、良いときもあれば悪いときもあると思って、自己研鑽に努め、がんばって就職活動するしかないですね。

景気が良いときに大きな会社に入社して、後から仕事が無いよりも、中小企業に就職して、最初から色々な仕事を任される方が楽しいかもしれませんよ。

来月、ハローワークで講演をしてきます。
就職活動をしている人には頑張って頂きたいと思います。