最近、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)についてニュース報道を見る機会が多くなっています。

賛成・反対色々な意見があるでしょうが、個人的にはこのような流れは避けられないのではないかという気がします。

特に農業に従事している人々にとっては、海外から安い農作物が流入してくることは脅威でしょうし、大変な問題だと思います。また、食料の問題というのは、国防にも直結する非常に難しい問題です。単純な話ではありません。

しかし、今までも牛肉やオレンジの輸入が解禁されたりした時にも、日本の畜産・みかん農家が壊滅的な打撃を受けるということを言われながらもそうはなっていません。
また、海外(中国など)で、日本産の農作物が、現地のものよりも高価であっても買われているという事実があります。

自分たちの作っているものに競争力が無いから、単純に輸入を制限して日本の農業を保護するというやり方が正しいのかどうか?反対派の人々にはもう一度考えて欲しいと思います。

農業に限らず、他の産業でも日本は創意工夫の中で発展してきました。
単に生産コストを下げるだけではなく、ブランド力をどのように高めていくか?2次産業、3次産業とどのように連携させていくか?考えるべきことはたくさんあるはずです。

最近、若い農家の方々もITをうまく使って販路の拡大をしたり、生産管理を行ったりしているそうです。
そういう方々のお手伝いも、ぜひ今後、行っていきたいと思っています。