その名前からも想像できるとおり、対象となるもの・システムを分割することによる課題解決方法です。
この原理は、

A. システムを分離した部分や個々の区分に分割する
B. 分解や組み立てが容易にできるようなシステムを作る
C. 分割の度合いを増加させる

と説明できます。
例えば、一眼レフカメラは、本体とレンズを分割することによって、接写や望遠など幅広い撮影に対応できるようになっています。またルーズリーフ式のノートも分割原理のよい例と言えるでしょう。

この原理をビジネス分野に応用した例としては、どのようなものが考えられるでしょうか?
基本的なものとしては、

  • 組織の分割(分社化など)
  • 職場フロアの分割

などが考えられるでしょう。もちろん、直面している問題に応じて、いろいろな分割対象が出てきます。