この原理は、

A. 物体やシステムが均質である場合、それを非均一にする
B. システムの周囲のものや環境を非均一に変える
C. システムの各部を局所的に最適化された状態で機能できるようにする
D. システムや物体の各部が、それぞれ異なる有用な機能を実行できるようにする

という原理です。
例えば、単に筒状や棒状になっていると握ったときに滑ったりずれたりしてしまいますが、握りやすいようなグリップ(スキーのストックなどによくありますね)はよい例です。

では、この発明原理は、ビジネス分野ではどのように適用されているでしょうか?
ビジネスの世界では、よく「選択と集中」という言葉が使われます。これなどは、局所性質原理を使ったものということができるでしょう。その他には

・社員用パソコンの導入を同一スペックではなく、開発用と事務用に分ける
・社員のキャリアパスをゼネラリストとスペシャリストに分ける

などが考えられます。