「行政&情報システム」って雑誌を読んでいたのですが、その中に

自治体には「利口ぶった評論家」がおり、彼らは異口同音に「ICTはツールだ」という。所詮ツールに過ぎないのだから、主体は人間であり、主客転倒などあってはいけないともいう。ごもっともだが、そうした人達がICTへの反感や苦手意識からそう言っているのであればおかしな話だ。実際には、うまく活用できていない、うまく効果を見いだせていない、個々の部門の戦略に取り込めていないなどのケースが少なくない。
という記事がありました。
 僕も、ことあるごとに言っていますが、「ITはツールに過ぎない」という言葉は、そのとおりではあるのですが、それを振りかざして、ITの持っている可能性を過小評価するというのは、少なくともITコーディネータはするべきではないと思っています。
 もちろん、ITに過大な期待を持っているお客様に対して「ITはツールに過ぎない」ということを認識してもらう必要はありますが、それによって、今まで見えなかった可能性をどのように引き出していくかということが、我々の大切な仕事だと思っています。