変化をすごく嫌う人がいる。

そういう人たちに
「こういうことをしたら良いんじゃないですか?」
という意見を言っても、全然動かないし、それどころか、逆に文句を言っているように受け取られることすらある。
面倒くさいのか、何かやって責任を取らされるのが嫌なのか、そもそも能力が無いのか…?
周りの環境が動いているときは、変化しないことこそが変化なのにね。
視野が狭いと、自分の周りしか見えないので、広い範囲では大きく動いているということに気づきにくい。
それは、空間的な視野だけではなく、時間的な視野も同じ。
直近のことしか目に入っていないと、大きな時間的変化を見失う。
コンサルとしては
一歩引いて、全体を俯瞰するということが絶対に必要なのだろうと思う。
全体を見つつ、足元も疎かにせず。
自分が、今、どの位置にいて、何をしなければならないのか考えることが大切ですね。