ゴールデンウィークは楽しめましたか?
(まだ、お休み中の人もいるかもしれませんが)

世の中には、いろいろな価値観を持っている人がいます。
当然、その中には、価値観の合う人、合わない人、いろいろいるわけです。

価値観の合う人たちとお付き合いしたり、一緒に仕事をしていると、気分も良いですし、協力し合うということもやりやすいのかなと思います。
一方で、価値観の異なる人たちと接すると、勉強になったり、参考になったりといったことができる場合は、自分の考え方の幅を広げることもできますが、何となく嫌な気持ちがすることも少なくないですよね。

価値観のあう人と一緒だと楽だけど、合わない人だと、ちょっと苦痛を感じる…。
まあ、それも自分の考え方次第ではあるのですが。

以前、読んだ神田昌典さんの本に、こんな話が書いてありました。

ある教会での話。
「あなたの持ち物のうち、2番目に大切なものをもってきて、
それを他の方に差し上げてください。」そういわれて、信者30人が集まって、
それぞれ大切なものを交換した。すると、その結果は?

答え:30人全員が、その二番目に大切にしていたものより、
もっと欲しいものを手に入れることができた。

これって、考えてみると、すごいことですよね。

でも、皆が同じ価値観を持っていたら、二番目に大切にしていたものというのも同じものだという可能性もありますよね。
皆が違う価値観を持っているからこそ、自分にとって価値のないものに思えても、人にとってはすごく価値があるものかもしれません。

それは、自分自身を見つめなおして、自信を持つということにもつながるでしょうし、逆に言えば、自分にとって、取るに足らない価値の無いもの・ことに思えても、他の人が大切にしているものは、自分では想像ができない部分もあるのだということを常に考え、相手の価値観を認めてあげる必要があるということにもつながってきます。

なんてことを、ちょっと考えるゴールデンウィークだったのでした。

光