NECが2万人弱の従業員に在宅勤務を認める制度を導入したというニュースが出ていました。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0807/01/news089.html

現時点では、導入しやすい業種も、そうではない業種もあるでしょうが、今のように温暖化問題が社会的な問題になったり、もっと直近では、原油高などによる移動コストを考えると、色々な試みがあって良いと思います。

特に、今の日本では既に通信インフラはかなり整ってきていて、通信コストも驚くほど安くなっています。そのような状況をうまく使って、経営を行っていきたいものですね。

私は会社員時代、出張が多くて、日本全国を飛び回っていたのですが、

  • 旅費の無駄
  • 時間の無駄
  • 移動によるストレス

などを考えると、在宅勤務とは言わないまでも、出張の見直しなどでも、色々なコスト削減はできるでしょう。

電話会議やテレビ会議も結構、多かったのですが、実際は、それで済んでしまうようなことも多いんですよね。

もちろん、セキュリティ対策や就業管理など、気をつけなければならない部分はたくさんありますが、メリット、デメリットを含めて、色々と考えてみることも必要だと思います。

ちょっとした相談でもITコーディネータを御活用下さい(笑)。