先週に引き続き、亘理町さんで職員向けのセキュリティ研修を実施しました。

どのようにウィルスに感染するとか、情報漏洩するとかに関して具体的に聞きたいというアンケートがありましたので、先週の資料とは別紙で2枚ほどの資料を追加して説明してきました。

最近は、USBメモリを媒介として感染するウィルスも増えているようです。
USBメモリは、小さくて容量も大きいので便利なのですが、逆に情報を持ち出されやすくなったり、紛失しやすかったりといった点も忘れることはできません。

自治体でも情報漏洩事件・事故はたくさん起きていますので、少しでも防止の役に立てればと思います。