最近、一部報道などで、インフルエンザパンデミックの話題を見ることがあります。

インフルエンザ・パンデミックというのは、「新型インフルエンザウイルスがヒトの世界で広範かつ急速に、ヒトからヒトへと感染して広がり、世界的に大流行している状態」を言うそうです。
パンデミックが起きてしまうと、物流なども麻痺してしまうということで、かなり社会的な混乱が予想されますが、感染を広げないためには、外出を控えるというのが一番効果があるようです。

横浜市長などは、東京で一人でも患者がでたら、市営地下鉄を止めると言っていますね。

そうなると、学校閉鎖などは予想されますが、一般企業などでも在宅勤務をどのようにしたら良いのかといったことを真剣に考えておく必要があるかもしれません。
もちろん、電力などが通常通り供給されているという前提ではありますが、ITをうまく活用して仕事を進めていくことを考えていかなければなりませんね。