新型インフルエンザが岩手県でも発生しました。

一時期に比べて大騒ぎしている様子は無いですが、今後に備えて、企業内でも準備は必要です。強毒性でなければ良いという問題ではありません。

秋から冬にかけて、また流行し始めるということは充分考えられます。その時に、どのような体制を取っておくべきなのか今から考えておく必要があります。

実は、本日、ITCみやぎの定例会で、宮城県職員の方から、県のBCP対策について講演して頂くことになっています。どのような講演になるか楽しみです。