青空文庫青空文庫半減を憂うる民主党へのメールという記事が掲載されていた。

発端は鳩山首相の発言らしいのですが、ホントにこの人、何も考えていないんだなと思う。

何年か前、Winnyが話題になっていた頃に、別のブログで著作権についてのことを書いたことがあるのだが、もちろん、作者の権利は尊重されるべきものだし、守っていかなければならないものだ。
一方で、知財の取り扱いというものは、国家戦略の中で考えていくべきことで、一部の権利者(大抵は作者ではなく、作品の流通に携わる人たち)の利益のために、文化や技術の底上げを阻むのか、それとも、文化水準を上げるために、著作物を公開していくのか。

現在の「死後50年」というのは、まぁ良いところなんじゃないでしょうか。ITに関するものなんかは10年でも良いくらいだ。

これを70年に延ばすことに対して最大限の努力って…、JASRACに後押しされたからとしか思えない。この人の場合。
多分、常に思考停止状態…。