分割原理」と似ていますが、システムが提供している機能の一つ(あるいは複数の機能)が、ある条件化では必要とされず、有害な可能性がある場合に、その機能を分離、あるいは分離可能なようにしておく問題解決方法です。実際にビジネス課題の解決に使う場合は、分割原理と無理に区別する必要もないでしょう。

適用例としては、レストランの禁煙コーナーや電車の女性専用車両などがあげられます。

ビジネスの分野ではどのような適用分野があるでしょうか?
例えば、給与を基本給部分と職能給・各種手当てに分離するなどの例が考えられます。