ぐだぐだ猫「お前が言うな!」という言葉がどこかから聞こえてきそうですが…(笑)。

仕事でも勉強でも、本当に全力疾走してやり遂げなければ時期があります。
得てして、そんなときは、アドレナリンがジャンジャンでているのか、意外と疲れていないような気になったり、マラソンなんかでもランナーズ・ハイみたいなものがあるようですね。

僕なんかもSEをやっていた会社員時代は、なんだかんだで、毎年徹夜する日がありましたし、3日連続で徹夜なんてこともありました。
昔のブログを見ると、よくやってたなと思います。
(「ブログ書いてる暇あるんかい!w」っていうツッコミがありそうですが(笑))

例えば、こんなの↓
48時間
http://hidepon.cocolog-nifty.com/itc_hot_blog/2004/08/48.html

2004年8月のエントリ
http://hidepon.cocolog-nifty.com/itc_hot_blog/2004/08/index.html

なんか、本当に徹夜続き。しかもやらされてる感満載w。
こりゃ辛いわ…(笑)。
この状況で、倒れたり死んだりしたら、絶対、会社訴えられますね(笑)。

ちなみに、ブログには書いてませんが、やっぱり、こういうことが続くとおかしくなって、ある時、

「あああ~~~~っ!!」

と、いう悲痛な叫び声が現場に響き渡ったことがあります。
と言っても、叫んだの自分ですが(笑)。
せっかく作ったデータを、何を考えたんだかTRUNCATEしてしまうというバカな指の動きを、頭が止められないという…(笑)。
自分でいくら元気だと思っていても、体と頭は正直なものです…。

ちなみに、こんな仕事が続いた2ヶ月後くらいには、飛行機の中で死にそうになってます(しかも、その後、すぐ仕事してるし。バカですね)。

ドキドキしました
http://hidepon.cocolog-nifty.com/itc_hot_blog/2004/10/post.html

こんな経験してても、喉元過ぎればって感じですね(笑)。

まあ、今は、会社勤めの時に比べて、楽しく仕事しているので、ストレスはあまり無いのですが(多分)、やっぱり忙しい時は忙しいですね。
(何故かは良くわからない…www)
それでも、以前のように、奥さんが起きてきた時にまだ仕事していて
「また、徹夜したの?!」
とか言われることは、最近は無くなってます。最近っていつか知りませんが(笑)。

でも、やっぱり、疲れが溜まってくると体も辛いし、頭の方も、上に書いたような状況になりかねないので、きちんと休んだ方が、結局は効率が良い事のほうが多いんですよね。
結構、関西の方の知り合いのITコーディネータには、病院に行けと言われているのですが、無視してるとホントに周りの人に手を回されて、病院に拉致(?)されかねないので(笑)、今年こそは、きちんと健康診断に行きます。
(去年も病院に行って、CT、胃カメラしましたけど、お腹痛くなってからでした…(笑))
いや、冗談めかして書きましたが、心配してくださる方々がいるのは、本当にありがたいことです。
倒れて、仕事でも迷惑掛けないように、健康管理もきちんとしていきます。それも仕事のうちですしね(笑)。

心と頭と体の状態をきちんと健康に保つというのは、ベストパフォーマンスを引き出す条件ですよね。

あと別の見方をすると、以前、ブログにも書いたように、動きに遊びがあったほうが、最適な状況に行き着くという可能性もあります。
http://www.office-nbi.com/2013/09/16/イノベーション経営のための発想ということ/

今年は(いや、その後もですね…)、ちょっとでも良いので、時々はお休みを取って、より良い結果を出せるようにゆとりを持ちたいです。

それにしても、いつも心配してくださる皆様、ありがとうございます。
ホント、余計な心配ばかりかけてスイマセン…。反省します。

【宣言】
今年は健康診断を受けます。